ほくろ除去をする時は慎重にクリニックを選ぶ

美容.net

クリニック選び

医者と看護師

クリニック選びの重要度

大阪でほくろ除去を考えた時にはクリニック選びが重要になります。また、ほくろ除去の施術を行っているクリニックは数多くあるので選ぶ際に悩んでしまいます。クリニック選びをしっかりとしないと何らかのトラブルになる可能性があるので慎重にしましょう。

医師の実績が十分にあるクリニックを選ぶ

ほくろ除去の施術をする際には、不安が出てきてしまいます。そのような時に、実績が十分にある医師に施術をしてもられば豊富な経験と知識があるので信頼ができます。医師の実績はインターネットで確認できるので事前に見ておく必要があります。

カウンセリングをしっかりとする

カウンセリングは施術をする上で重要になります。また、施術に関して分からないことがある場合にカウンセリングで相談ができるのです。そうすることで、分からないことがなくなり不安を解消できるでしょう。さらに、カウンセリングでは自分の思い描いているイメージを具体的に医師に伝えることが大事です。具体的に伝えればイメージ通りの施術となる可能性が高くなります。

アフターケアの充実度

ほくろ除去は医療技術の進歩により安全性が向上しています。その為、トラブルになる可能性も低くなっていると言えるでしょう。しかし、確実に成功するとは限らないので万が一の時のことを考えてアフターケアが充実しているかがクリニック選びで大切なポイントとなります。

料金体系が明確かどうか

最近のほくろ除去は比較的安価になっていますが、決して安くはない費用がかかります。費用を十分に理解していない状態で施術をすると追加費用があり予算オーバーするということも少なくはありません。ですから、そうならないように料金体系が明確なクリニックを選ぶようにしましょう。

時間をかけてクリニックを選ぶ

ほくろ除去の料金や施術内容などはクリニックによって異なります。ですから、自分に合ったクリニックを時間をかけてゆっくりと選ぶことが重要になるのです。

痛みがないほくろ除去施術法5選

no.1

皮膚をレーザーで削る炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、皮膚をレーザーで削るので痛みを伴うと考えている人がたくさんいます。しかし、実際は局部麻酔をするので施術の際に伴う痛みはほとんどないのです。

no.2

チクチクする程度のQスイッチレーザー

Qスイッチレーザーの施術中は、多少の痛みは出てしまいます。しかし、輪ゴムで弾かれる程度の痛みなので耐えられないことはありません。

no.3

メスを使用するメス切除縫合法

メス切除縫合法の際には、メスでほくろを切開して除去を進めていきます。メス切除縫合法は炭酸ガスレーザーと共に局部麻酔を使用するので基本的に痛みは伴いません。

no.4

くり抜いて除去するくり抜き切除法

くり抜き切除法とは、メスやパンチでほくろの境界線をくり抜く方法です。この施術も麻酔によって痛みはないと言えます。

no.5

電気メスを使った施術

電気メスは止血をしながら施術をするので出血はほとんどありません。また、施術自体数回に分けるので体に負担がなく痛みもないといえるでしょう。